ギアレビュー

コスパ最強!YOLER製リフレクターで冬キャンを充実させよう!【ヨーラー】

こんにちは!

最近はすっかり冷えてきて焚き火だけだと暖かさが物足りなくなってきましたね〜

暖を取るなら炎を大きくする手もありますが、乾燥したこの時期に大きい焚き火をするのは安全面でちょっと怖いと思います。

そんなときリフレクターがあると安全性を確保しつつぬくぬくできるのでおすすめです!

今回はそもそもリフレクターの効果と、ぼく自身1シーズン使用してきたYOLER製のリフレクターの魅力について語っていきます!

是非最後までお読みいただき参考にしていただければ幸いです!

そもそもリフレクターってどんな効果があるの?

リフレクターには布製のものと金属製のものがありますが、今回は金属製のものについて説明します

効率よく暖を取れる

普通に焚き火をすると焚き火の熱は自分がいない方向にも拡散してしまうので、冬は暖かさが物足りなく感じることがあると思います。

リフレクターを使用することで拡散してしまう熱を自分の方に反射させることができるので、より効率的に暖を取ることができます!

炎が安定する

暖を取れるだけでなく風防としての役割も果たせるので、炎が風に煽られにくく綺麗に燃え上がってくれます

映り込む炎が綺麗

シルバー色のリフレクター限定になりますが、リフレクターに映り込む炎が綺麗です。(写真だとちょっと伝わりにくいですが...)

暖を取る・風を防ぐなどの機能面以外にも、焚き火をより楽しくしてくれるギアだと思います!

プライベート感を高められる

正面に設営している人がいるとなんとなく視線が気になってしまうこともあると思います。

そんなときリフレクターがあると目隠しの役割も担ってくれます

地べたスタイルやロースタイルなどのに低めのスタイル限られると思いますが、プライベート感をアップさせることができます!

片付けが楽になる

焚き火をしていると薪の状態によっては結構はぜることがありますよね。

はぜて散らばってしまった炭を片付けるのはなかなか面倒な作業だと思います。

リフレクターは単純に壁になるのではぜた炭も焚き火台の周辺に集まり、片付け時の面倒な作業を軽減してくれます

ここまでリフレクターのメリットについて解説してきました。

ただ、リフレクターは大手アウトドアメーカーからはあまり販売されておらず、中華系の無名ブランドがほとんどだと思います。

そんな中からYOLER(ヨーラー)というブランドのリフレクターを購入し1シーズン使ってきたので、このリフレクターについて紹介していきたいと思います!

YOLER(ヨーラー)ってどんなブランド?

YOLERは2015年に創業され、中国江蘇省に本社を構えるアウトドア用品総合ブランドです。

リフレクターをはじめとする様々なキャンプギアを開発・販売しています。

いわゆる中華ブランドなので安かろう悪かろうなのではないかと心配される方もいるかも知れません。

ですが、このブランドはリフレクター以外にも焚き火台グリルや二次燃焼焚き火台などがYouTube等でよく紹介されていて、中華ブランドの中では有名な部類に入るので一定信頼をおけるかなと思います!

YOLER リフレクターの基本情報

サイズ・カラー展開

様々なサイズ・カラーがありますが、幅に関しては共通で120cmです!

また、ブラックのみSサイズはないようです。

シルバー

サイズ高さ重量
S30cm1kg
M40cm1.4kg
L50cm1.7kg
XL60cm2.1kg
XXL70cm2.5kg
シルバーのサイズ・重量

ブラック

サイズ高さ重量
M40cm1.5kg
L50cm1.7kg
XL60cm2.1kg
XXL70cm2.5kg
ブラックのサイズ・重量

付属品

  • 固定用Oリング×10(Sサイズは付属しません)
  • ペグ×4(Sサイズは付属しません)
  • 耐水ペーパー
  • 収納ケース2種類

ペグは細く頼り無いものですが、そもそも半円形に立ててやればよほどの強風でもなければリフレクターが倒れることはほぼ無いと思います。

材質

材質は一般的な亜鉛メッキ鋼板が使用されているので特に問題は無いと思います。

鋼は鉄に0.02%~1.7%の炭素を加えた合金でほぼ鉄なので、重量がある分立てたときに安定感があります

しっかり半円形に立ててやればよほどの強風か風を受けやすい方向でもない限り、ペグを打たなくても倒れることはほぼないと思います。

ヒロ
ヒロ

ぼく自身使用中にリフレクターが倒れた経験はありません!

YOLER リフレクターのおすすめポイント!

サイズ・カラー展開が豊富

YOLERのリフレクターは、高さが30〜70cmまで10cm刻みで選べます!(ブラックは30cmのみありません)

暖を取ることを目的とするなら↓の表を参考に選ぶと良いかなと思います。

スタイルおすすめの高さ
地べた40〜50cm
ロー50〜60cm
ハイ60〜70cm
おすすめのリフレクターの高さ

最安値レベルの安さ

Amazonで「焚き火 リフレクター」で検索して安い順にソートすると、同じタイプの商品の中で2023/11/29時点では最安でした

安かろう悪かろうでは意味が無いですが、1シーズンの使用程度では何の問題もなかったのでコスパは良いと思います

1年のメーカー保証付き

他の中華ブランドは保証が無いものが多い中、YOLERは一年間の製品保証があります

そうそう壊れるものでは無いと思いますが、もしものときの保証があるのは嬉しいですよね。

デザインがおしゃれ

これに関しては完全に独断と偏見ですが、比較的ロゴ・フォントがシンプル控えめなので他のブランドに比べて気にならないと思います。

特に60cm以外のサイズで探すとなんとも言えない感じのデザインが多い気がしています。

ヒロ
ヒロ

最近40cmくらいの小ぶりのもの別ブランドで探していたのですが、結局またYOLERを購入しそうです笑

まとめ:YOLERのリフレクターで冬キャンを充実させよう!

今回は冬に活躍するYOLERのリフレクターをご紹介しました。

金属製のリフレクターには

  • 効率よく暖を取れる
  • 炎が安定する
  • 映り込む炎が綺麗
  • プライベート感を高められる
  • 片付けが楽になる

と様々なメリットがあります。

その中でもYOLERのリフレクターは

  • サイズ・カラー展開が豊富
  • 最安値レベルの安さ
  • 1年のメーカー保証付き
  • 収納ケースは2種類
  • デザインがおしゃれ

といった魅力があるのでリフレクター選びに悩んでいる方は是非検討してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

皆様のリフレクター選びの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
プロフィールのアバター画像

ヒロ

ご覧いただきありがとうございます!
ソロキャンパーのヒロと申します!

キャンプ歴
2022/12〜

キャンプ頻度
週1くらい

キャンプスタイル
・ソロ
・オートキャンプ
・ロケーション重視
・軽量無骨

活動エリア
関東甲信越

投稿内容
・おすすめギア紹介
(コスパの良いものが中心)
・ギアやメンテナンス用品のDIY
キャンプ場紹介
・キャンプで役立つ知識

お仕事のご依頼はフッターのお問い合わせからお気軽に!
feedly・SNSのフォローをいただけると喜びます!

↓↓↓

-ギアレビュー