ギアレビュー

【Mardingtop 60L】収納力抜群!コスパ最強の無骨なミリタリーバックパック【マーディングトップ】

Mardingtop 60L バックパックレビュー記事のアイキャッチ

YouTuberが紹介しているようなバックパックは高すぎて手が出ない…

読者
読者

でも安物を買って失敗はしたくない…

読者
読者

キャンプの必需品といってもいいバックパックですが、選ぶのは結構難しいですよね。

商品ページを見ても写真が少なくていまいちピンとこないし、Amazonレビューなどもどこまで信用できるかわからない、という感じでなかなか購入に踏み切れないことがぼくにはよくあります。

今回は失敗覚悟で購入してみたMardingtop(マーディングトップ)の60Lバックパックをご紹介していきます!

60Lのレビューはどこを探してもあまりなかったので、Mardingtop(マーディングトップ)というブランドの紹介から、基本スペック、各収納のサイズ感や使い勝手、背負心地まで詳しく解説しています。

この記事一本で購入するかどうか判断できる内容になっていますので、 是非最後まで読んで参考にしていただければ幸いです!

Mardingtop(マーディングトップ)ってどんなブランド?

Mardingtop(マーディングトップ)は1986年に設立され、ミリタリースタイルのバックパックを専門とするアウトドアブランドです。

タクティカルバックパック、ミリタリーバックパック、登山用バックパック、キャンプ用バックパック、フィッシングバッグ、メッセンジャーバッグ、サイクリングバッグなど、さまざまなタイプの優れたバックパックを設計および製造してきました。

私たちは、アウトドア旅行愛好家のために、よりプロフェッショナルな製品を提供することをお約束します。

Amazon商品ページ

Mardingtop(マーディングトップ)は様々なバックパックを製造している中国のブランドで、コスパの良い商品が多いです

1986年設立で40年近く続く老舗ブランドなのでそれなりに信頼のおけるブランドです。

イメージ的にはソロキャンプ芸人として人気のヒロシさんが使用していて一躍有名になったサイバトロンと似た価格帯のブランドです。

サイバトロンはカラー展開が基本的にカーキとブラックしかないですが、Mardingtop(マーディングトップ)はその2色に加えアーミーグリーン色も出しています

軍幕を使う方など無骨なキャンプをするにはピッタリのカラーかなと思うので是非チェックしてみてください!

Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックの基本情報

価格9500円前後
サイズ高さ76×幅33×奥行24cm
容量60L
素材耐水性600Dポリエステル
重量約2.0kg
カラーアーミーグリーン/カーキ/ブラック
付属品レインカバー
Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックの基本情報
メリット
デメリット
  • 60Lがちょうどよいサイズ感
  • 収納性能が高い
  • 背負心地もそれなりに良い
  • コスパが良い
  • 小物収納は苦手
  • 長距離移動には不向き

Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックのサイズ感

60Lという容量は大きすぎず小さすぎずといった感じでちょうどよいサイズ感です!

テントやクーラーボックスなどを手持ちするのであれば、そこそこコンパクトなギアが揃っていれば無理なくパッキングできると思います。

ヒロ
ヒロ

55Lのタイプが売り切れ状態だったので試しに買ってみましたが、程よく余裕もあって満足してます!

Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックの収納性

このバックパックの収納は6種類合計8箇所に加えモールシステムが採用されています

  • メイン収納(上)
  • メイン収納(下)
  • トップジップポケット
  • フロントジップポケット
  • サイドポケット
  • サイドジップポケット

各収納について詳しく見ていきましょう!

メイン収納(上)

メイン収納上

まずはメイン収納からですが、ここはファスナー付きのパーティションで上下に区切られています

パーティション

必要に応じてファスナーを開ければ1気室にすることもできるが便利ですね!

ファスナーは安心と信頼のYKKで、開閉する際は下からアクセスする形になっています

ファスナー

上下に区切った状態の深さは40cm程度あり、これでも十分な容量があります。

背面側には大きめのポケットが2つあり両方ともバックパックの底面まで繋がっています

2つの背面側ポケット

1つはやや浅めでゴム紐で閉じる形のポケットなので程度厚みのあるものも入ります!

ゴム紐ポケット

もう一方はジップポケットになっていて中には背面フレームが入っているので収納という感じではないですが、ちょっとした薄いものは入れられそうです。

背面ジップポケット

このポケットですが背面フレームは取り出すことができて、代わりにエバニューのFPマット125を入れてみたらシンデレラフィットしたので軽量化したい方はおすすめです!(背負心地は犠牲になるかもしれませんが)

FPマット125を背面フレームと差し替えた状態

また、開口部は二重のドローコードでしっかりと閉めることができます

開口部のドローコード

一応ハイドレーション用のフックとチューブを出すための穴は付いています。

ハイドレーション

メイン収納(下)

メイン収納下

前述のパーティションを挟んで下の収納です。

深さは20cm程度で内ポケットはありませんが、冬用シュラフがすっぽり収まるくらいのサイズ感です!(画像はNANGAオーロラライト750DX)

シュラフを入れた状態

トップジップポケット

トップジップポケット

元々はレインカバーが入っているポケットですが、不要であればここも収納として使用できます!

深さは5cm程度ですが意外と容量があります

ちなみにレインカバーを装着するとこんな感じです。

レインカバーを装着した状態

フロントジップポケット

フロントジップポケット

内ポケットはありませんが容量はあるので、着いたらすぐ使うようなグランドシートなどを入れるのがおすすめです!

スタッフサックなどで整理しないと小物ごちゃつきそうです

サイドポケット

サイドポケット

2Lペットボトルがすっぽり収まるくらいの容量があります!

また、ポケット上部には2つのベルトがあるので、ポールなどの長物を差すのに便利です。

マットを装着した状態
ヒロ
ヒロ

取り付ける物によっては後述のサイドジップポケットと干渉してしまうので注意!

サイドジップポケット

サイドジップポケット

サイドポケットの上部にあるジップポケットで、深さは30cm程度あるので意外と物は入ります

小物類をそのまま入れるとしたらここが候補になると思います。

外付け

モールシステム

モールシステムが採用されていて、トップ・フロント部分にモールが取り付けられています

結構面積があるので荷物が多くて収まらない!というときもとりあえず外付けしておけばなんとかなりそうです。

モール以外にも

  • 雨蓋の間に挟むことができる
  • メイン収納(下)の前に長めのベルトがある
  • ベルトが両サイドに2本ずつついている

ので、外付け性能は高めだと思います!

雨蓋を広げた状態
メイン収納下前のベルト

Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックの背負心地

ミリタリー系のバックパックはサイバトロンの3Pタクティカルを使用したことがありますが、パッキングして背負ってみた感じ圧倒的に楽に感じました

バックパックの形状が縦長で重心が体に近くなりやすいのが大きいのかなと思います。

また、簡易的ではありますがフレームも入っているので程よく荷重を分散してくれているのでしょうか。

ベルト類はチェストベルト、ウエストベルト、ショルダーストラップがついていて、しっかり閉めるとかなりフィット感があります

ベルト類

チェストベルトは上下にも調節できます!

チェストベルト
ウエストベルト

登山用のものに比べれば当然貧弱ですが、少し歩く程度であれば十分だと思います。

ヒロ
ヒロ

サイバトロンの3Pタクティカルよりはしっかりしている印象です!

Mardingtop(マーディングトップ)60L バックパックの注意点

個人的にはコスパを考えれば大満足のバックパックですが、注意点はいくつかあります。

小物収納は難しい

収納性のところでも度々触れていましたが、小物を整理できるような小さいポケットはありません

そのため、ちゃんと整理したい方は別途小さいスタッフサックなどを用意する必要があります!

ヒロ
ヒロ

見た目を気にしないのであればセリアのスタッフサックが軽くて使い勝手がいいのでおすすめです!

セリアのスタッフサック

長距離移動には不向き

フレームやベルト類は最低限といった印象なので、徒歩キャンプなど長距離を歩く場合は登山用のもっと良いものを買ったほうが良いかなと感じました。

とはいえ、駐車場から少し離れたサイトまで移動する程度であれば十分な性能だと思うので、用途次第といった感じです。

まとめ

今回はMardingtop(マーディングトップ)の60Lバックパックのご紹介でした!

メリット
デメリット
  • 60Lがちょうどよいサイズ感
  • 収納性能が高い
  • 背負心地もそれなりに良い
  • コスパが良い
  • 小物収納は苦手
  • 長距離移動には不向き

小物収納が無いことやフレームやベルト類が頼りない点はありますが、1万円以下で買えるバックパックとしてはかなりコスパが良く、無骨なバックパックなのでおすすめしたい商品です。

最後までお読みいただきありがとうございました!
皆様のバックパック選びの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
プロフィールのアバター画像

ヒロ

ご覧いただきありがとうございます!
ソロキャンパーのヒロと申します!

キャンプ歴
2022/12〜

キャンプ頻度
週1程度

キャンプスタイル
・ソロキャンプ
・オートキャンプ
・ロケーション重視
・軽量無骨(見習い)

活動エリア
関東甲信越(群馬、栃木、山梨が中心)

投稿内容
・おすすめギア紹介
(コスパの良いものが中心)
・ギアやメンテナンス用品のDIY
キャンプ場紹介
・キャンプで役立つ知識

有益な情報を発信すべく更新頻度を上げて頑張っていますので、
是非feedlyで購読、SNSのフォローをよろしくお願いいたします!

↓↓↓

-ギアレビュー