ギアレビュー

超軽量コンパクト!直火感覚で愉しめる焚き火台!ウルトラライト ファイヤースタンド【レビュー】

ヒロ
ヒロ

こんにちは。ヒロ(@hirocamp232)です!

キャンプの頻度が高かったり、徒歩・自転車キャンプなどする場合は荷物はできるだけ軽く、コンパクトにしたくなってきますよね。

特に徒歩や自転車でのキャンプでは、軽量コンパクトが結構マストになってくると思います。

今回ご紹介する「ウルトラライト ファイヤースタンド」は、重さ352g、収納時のサイズは44cm × 7cm × 7cmと驚くほど軽くてコンパクトです。

それでいて、展開時の火床は35cm × 44cmと広く、薪の組み方も自由自在なんです。

チタン製のフレームは頑丈で、メッシュ状の火床が燃焼効率を高めてくれます。

軽量なのに安定感も抜群で、使い勝手がいいのが魅力です。

この焚き火台なら、荷物の軽量コンパクト化と焚き火の快適性を両立できると思います!

軽量コンパクトな焚き火台を探している方はぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

「ウルトラライト ファイヤースタンド」の基本情報

項目内容
ブランド名Bush Craft Inc.
商品名ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 Ver.1.0
展開サイズ35cm × 44cm × 8cm
収納サイズ約44cm × 7cm × 7cm
重量352g
耐荷重約15kg
材質・フレーム:チタン
・火床:ステンレス
セット内容・ステンレスメッシュ × 1
・ステーブルスキッド × 2
・サイドバー × 2
「ウルトラライト ファイヤースタンド」の基本情報

「ウルトラライト ファイヤースタンド」のおすすめポイント!

徒歩・自転車にも使える軽量コンパクトさ

ウルトラライト ファイヤースタンドの最大の魅力の一つは、その軽量コンパクトさです!

重量はたったの352gで焚き火台としては最軽量クラス、収納時も約44cm × 7cm × 7cm(実際の厚みは2,3cm程度です)と薄く細長い形状なので適当な隙間にスッと差し込めます

ここまで軽量コンパクトなのに1万円を切っていてコスパも◎なので、徒歩・自転車キャンプをする方やUL志向のある方にはおすすめの焚き火台です!

薪の組み方自由自在で直火感覚!

これだけ軽量コンパクトながら展開時の火床のサイズは35cm × 44cmとかなりゆとりがあります

また、形状も奥行きがしっかりあるので、できない組み方はほぼほぼ無いんじゃないかと思うくらい自由に組めます!

ウルトラライトファイヤースタンドを購入するまではピコグリルのような横長の焚き火台しか使用したことが無かったのですが、この組み方の自由度に感動しました!

火床の高さも約8cmとかなり低くなっていて、組み方の自由度と相まって直火感覚が強いです!

頑丈で安定感もある

軽量コンパクトな焚き火台の宿命として耐荷重や安定性があると思いますが、ウルトラライト ファイヤースタンドは全く問題ないです。

フレームはチタンでできていますが、チタンは鉄やステンレスのような金属に比べ数倍〜十数倍の強度があって非常に頑丈です。

フレームの頑丈さに加えて火床も約8cmと低く設定されているので安定感が半端ではないです。

また、軽量コンパクトな焚き火台だと耐荷重は高くても10kg程度が相場だと思いますが、ウルトラライト ファイヤースタンドは15kgと十分過ぎるほどの耐荷重もあります!

メッシュの広い火床で燃焼効率が良い

ウルトラライト ファイヤースタンドの火床はメッシュ状になっているので、当然下から空気を取り込みやすく良く燃えます。

それに加えて火床が広く、横からも空気を取り込みやすいように薪を組めるので、軽量コンパクト系のメッシュ焚き火台よりもより燃焼効率が高く感じました。

ヒロ
ヒロ

軽量コンパクトなメッシュ焚き火台のニンジャファイヤースタンドSOLOと比べてもしっかり燃えてくれる印象です

片付けがしやすい

焚き火中の使い勝手も非常に良いですが、片付けのしやすさもウルトラライト ファイヤースタンドの魅力の1つだと思います。

フレームの対角線上を持ってひねるだけで分解できて、メッシュ部分だけ折り曲げて持つことができるので燃え残りや灰を火消し袋等にいれるのもラクラクです!

また、一個一個のパーツはシンプルな構造をしているので拭き取りもしやすくメンテナンス性も良いです。

「ウルトラライト ファイヤースタンド」の注意点

組み立てにはややコツが必要

ウルトラライト ファイヤースタンドは構造こそシンプルですが、サイドバーに脚をはめ込むのは少し慣れが必要かなと思いました。

ぼくは数回の使用でサッと組み立てれれるようになりましたが、人によっては気になるかもしれません。

組み立てのコツはBush Craft Inc.公式YouTubeチャンネルで解説されていたので、組み立ての雰囲気を知りたい方はチェックしてみて下さい。

ほぼ直火なので地面が焦げる

火床の高さが8cmと非常に低く、中心部はたわんでもっと地面に近くなるので芝生やウッドチップのような燃えやすいものがある地面では基本的に使用できないと思ったほうが良いです。

アルミホイルを何重か重ねて火床と地面の間に挟んでやれば大分熱は抑えられますが、長時間焚き火をしていると高温になることもあるので注意は必要です。

火床はメッシュなので消耗品

これはメッシュ焚き火台の宿命ですが、火床に穴が空きやすいのでその点は覚悟しておいたほうが良いと思います。

実際数回の使用で一部メッシュが切れてしまいました。

多少切れたくらいであれば特に問題はないのでそのまま使用していますが、交換用の火床も1000円台で売られています!

フレームはかなり頑丈なので火床だけ交換してしまえば長く使える焚き火台ではあると思います。

まとめ:超軽量コンパクト!直火感覚で焚き火を愉しもう!

今回は「ウルトラライト ファイヤースタンド」の紹介でした。

「ウルトラライト ファイヤースタンド」は、軽量コンパクトな焚き火台を探している方におすすめの焚き火台です。

わずか352gの軽さと、収納時のサイズが44cm × 7cm × 7cmという驚きのコンパクトさで、徒歩や自転車でのキャンプにも最適です。

広い火床のおかげで自由に薪が組めて直火感覚で焚き火を愉しむことができます。

キャンプギアに軽量コンパクトさと使い勝手を求める方はぜひ一度使ってみてほしいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

皆さんの焚き火台選びの参考になったら幸いです。

  • この記事を書いた人
プロフィールのアバター画像

ヒロ

ご覧いただきありがとうございます!
ソロキャンパーのヒロと申します!

キャンプ歴
2022/12〜

キャンプ頻度
週1くらい

キャンプスタイル
・ソロ
・オートキャンプ
・ロケーション重視
・軽量無骨

活動エリア
関東甲信越

投稿内容
・おすすめギア紹介
(コスパの良いものが中心)
・ギアやメンテナンス用品のDIY
キャンプ場紹介
・キャンプで役立つ知識

お仕事のご依頼はフッターのお問い合わせからお気軽に!
feedly・SNSのフォローをいただけると喜びます!

↓↓↓

-ギアレビュー