ギアレビュー

【フィールドア 火消し袋 Sサイズ】 ソロにぴったりのコスパ最強コンパクト火消し袋

「フィールドア 火消し袋 Sサイズ」のレビュー記事のアイキャッチ

こんにちは!

今回はフィールドアの火消し袋Sサイズについてご紹介していきます。

2000円しない価格で結構安い商品なので使い勝手や耐久性が心配な方もいるかと思います。

本記事では実際にキャンプで60回程度使用した経験をもとに、使い勝手や耐久性について詳しくご紹介していきます。

是非最後までお読みいただき、購入の検討材料にしていただければと思います!

フィールドア 火消し袋 Sサイズの基本情報

サイズ(約)30.5cm×30cm
重量(約)120g
材質グラスファイバー(シリコン加工)
耐熱温度280℃
フィールドア 火消し袋 Sサイズの基本情報

フィールドア 火消し袋 Sサイズの使用感

メリット
デメリット
  • ソロにちょうど良いコンパクトさ
  • バックル仕様で開閉しやすい
  • 耐久性・コスパ○
  • 時間ギリギリまで焚き火を楽しめる
  • 燃え残りを再利用できる
  • やや自立しにくい
  • 大きい焚き火台には不向き

ソロにちょうど良い容量・サイズ感

火消し袋のサイズ感

ソロには十分な容量で、毎回15~20kg程度の薪を燃やしても2,3回分は入りました

灰捨て場が無いキャンプ場に連泊したいときでも安心の容量です。

また、素材が柔らかく折り曲げやすいので折りたたんで焚き火ケースやちょっとした隙間に差し込むこともできるので持ち運びにも便利です。

火消し袋を折りたたんだ状態
火消し袋を焚き火台ケースに入れた状態

焚き火台から直接燃え残りを移しやすい

火消し袋の口を広げた状態

しっかり口が広がってくれるのでピコグリル系のソロ用の焚き火台から直接注ぐ形で燃え残りを入れやすかったです!

ただ、自立させるのに若干コツがいるのと安定感はあんまりないので、少し大きくてもいいならMサイズをチョイスしてもいいかもしれません。

こちらは底面が自立しやすい円形になっているのでSサイズより安定感がありそうです。

ワンタッチで開閉できる

留め具のバックル

口の留め具がバックル式なので、革手袋をしていても閉めやすいです!

ヒロ
ヒロ

ロールして閉めるとき漏れ出る熱気や本体が非常に熱いので革手袋はした方がいいです!

鎮火にかかる時間

量や火の状態にもよりますが、おおよそ15~20分程度みておけば大丈夫かなといったイメージです。

完全に燃えきるor鎮火するのを待ってたら平気で数時間かかるので、就寝前やチェックアウト前ギリギリまで焚き火するぼくは重宝してました!

ヒロ
ヒロ

袋本体が結構高温になるので置き場所には注意!

耐久性・コスパも○

毎週のようにキャンプに行くので結構な頻度で使用していましたが、60回程度は問題なく使用できました

ヘビーユースしてたので底面にの一部が裂けてしまって現在は買い替えていますが、 まだ赤い熾火の状態のものを入れたことも何度もあったのでよくここまで耐えてくたと思います。

火消し袋底面の穴

60回というと月2回キャンプに行く人なら2年半持つ計算になるので、それに2000円ならコスパもいいでしょう。

ヒロ
ヒロ

そもそもほぼ鎮火したものを入れればもっと長持ちすると思いますが…

また、買った当初はバックルが溶けないか心配だったのですが、多少角の方が溶けた程度で最後まで問題なく使用できました

バックルの溶けた部分

燃え残りが再利用できる

火消し袋としてだけでなく必要であれば燃え残りを保管できるので、そのまま次回のキャンプで使うこともできます

防水仕様なのでしっかり口を閉めておけば、ある程度乾燥した状態も保ちやすいのかなと思います。

まとめ

今回は「フィールドア 火消し袋 Sサイズ」のご紹介でした!

メリット・デメリットは以下の通りで

メリット
デメリット
  • ソロにちょうど良いコンパクトさ
  • バックル仕様で開閉しやすい
  • 耐久性・コスパ○
  • 時間ギリギリまで焚き火を楽しめる
  • 燃え残りを再利用できる
  • やや自立しにくい
  • 大きい焚き火台には不向き

コスパのいいバランスの取れた製品だと思います。

まだ火消し袋を使ったことがない方、火消し缶を使っているソロキャンパーさんにはぜひおすすめしたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
プロフィールのアバター画像

ヒロ

ご覧いただきありがとうございます!
ソロキャンパーのヒロと申します!

キャンプ歴
2022/12〜

キャンプ頻度
週1程度

キャンプスタイル
・ソロキャンプ
・オートキャンプ
・ロケーション重視
・軽量無骨(見習い)

活動エリア
関東甲信越(群馬、栃木、山梨が中心)

投稿内容
・おすすめギア紹介
(コスパの良いものが中心)
・ギアやメンテナンス用品のDIY
キャンプ場紹介
・キャンプで役立つ知識

有益な情報を発信すべく更新頻度を上げて頑張っていますので、
是非feedlyで購読、SNSのフォローをよろしくお願いいたします!

↓↓↓

-ギアレビュー