ギアレビュー

圧倒的洗いやすさ!岩谷マテリアルウォッシャブルウォーターバッグ

「岩谷マテリアルウォッシャブルウォーターバッグレビュー記事」のアイキャッチ

ウォーターバッグって便利だけど洗って乾かすのが面倒…

読者
読者

キャンプではウォーターバッグが欠かせませんよね。

ただ一般的なウォーターバッグは注水口が小さく洗うのも乾かすのも一苦労だと思います。

そこでおすすめしたいのが岩谷マテリアルの「ウォッシャブルウォーターバッグ」です。

キャンプで30泊以上、家でも5ヶ月くらい毎日使用してきて感じたおすすめポイントや注意点についてご紹介していくので、是非最後までお付き合いいただけますと幸いです!

ウォッシャブルウォーターバッグの基本情報

3Lタイプ

サイズ使用時:約31×29×18cm
収納時:
 袋部分:約37×24×6cm
 ハンドル部分:約5×29×1cm
重量116g
容量3L
材質ポリエステル, ポリエチレン (PE), ポリプロプレン, ナイロン
対応温度-30~60℃
3Lタイプの基本情報

5Lタイプ

サイズ使用時:約37×35.5×19cm
収納時:
 袋部分:約40×31×6cm
 ハンドル部分:約7×35×1cm
重量140g
容量5L
材質ポリエステル, ポリエチレン (PE), ポリプロプレン, ナイロン
対応温度-30~60℃
5Lタイプの基本情報

ウォッシャブルウォーターバッグのおすすめポイント!

ウォーターバッグの中を洗いやすい

このウォーターバッグ最大の特徴ですが、上部が大きく開くので手を突っ込んで簡単に洗うことができます

ウォーターバッグの上部を開いた状態
ウォーターバッグの上部を開いた状態

一般的なウォーターバッグは開口部がペットボトルの口程度しか無いので洗うのは難しいと思います。

また、蒸発した水分の逃げ場が広くなっているので乾かすのも楽々です!

ヒロ
ヒロ

水滴がある程度取れたら上向きに置いておくとより早く乾燥します!

ちなみに、上部が大きく開くウォーターバッグはエバニューからも出ていますが、
開口部が若干小さめ&容量が2Lと3Lのみとなっています。

3Lもあれば十分!という方はこちらを検討するのもありだと思います。

また、エバニューの方は注ぎ口がペットボトルのような形状で浄水器を直接装着できるので、沢の水を汲んで使うような方はこちらもおすすめです!

エバニュー(EVERNEW)
¥1,600 (2024/04/15 22:32時点 | Amazon調べ)
エバニュー(EVERNEW)
¥1,787 (2024/04/15 22:32時点 | Amazon調べ)

手や物を洗いやすい

このウォーターバッグは吊るしたり自立させることもできるので使うときに手に持つ必要がありません。

吊るした状態
吊るした状態
自立させた状態
自立させた状態

それに加え注ぎ口の構造も水道の蛇口のようにコックをひねれば水が出続けてくれるので、両手を空けることができるのでちょっと手を洗いたいみたいなときにとても便利です。

コックの形状
コックの形状

ほとんどのウォーターバッグは大抵どちらかが欠けているので、この点もウォーターバッグの大きな強みかなと思います!

カラーバリエーションも豊富

ウォーターバッグはクリア(透明)のものが多いと思いますが、このウォーターバッグはクリア以外にもオリーブグリーン、サンドベージュといったカラー展開があります

3Lタイプのものには可愛らしい柄のついたものもあるのでお好みの色・デザインのものが見つかるかなと思います!

ヒロ
ヒロ

3Lタイプのものは注ぎ口の構造が5Lタイプのものと違うようなので注意!

耐久性も問題なし

キャンプでは30泊以上使用しているのに加えて自宅でも5ヶ月程度毎日使っていますが、現在も全く問題なく使用できています!

1000円ちょっとで買えてこの耐久性もあるのでコスパも良いと思います。

ウォッシャブルウォーターバッグの注意点

水量の調節がやや難しい

抑えていなくても水が出てくれるのはいいのですが、水量の調整は若干難しく感じます。

慎重にやらないとドバッと出てきて、浅い器だと跳ね返りでこぼれることもありました。

個人的にはその他のメリットが大きいのであまり気にしてませんが、下が濡れてもいいところに設置するのが良いかなと思います!

まとめ

今回は岩谷マテリアルのウォッシャブルウォーターバッグ(5L)のご紹介でした。

メンテナンスもしやすく使い心地も申し分ない良いウォーターバッグだなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

皆様のウォーターバッグ選びの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
プロフィールのアバター画像

ヒロ

ご覧いただきありがとうございます!
ソロキャンパーのヒロと申します!

キャンプ歴
2022/12〜

キャンプ頻度
週1程度

キャンプスタイル
・ソロキャンプ
・オートキャンプ
・ロケーション重視
・軽量無骨(見習い)

活動エリア
関東甲信越(群馬、栃木、山梨が中心)

投稿内容
・おすすめギア紹介
(コスパの良いものが中心)
・ギアやメンテナンス用品のDIY
キャンプ場紹介
・キャンプで役立つ知識

有益な情報を発信すべく更新頻度を上げて頑張っていますので、
是非feedlyで購読、SNSのフォローをよろしくお願いいたします!

↓↓↓

-ギアレビュー